柴⽥ 志乃

2017年 入社
システムサービス部 第三グループ

エー・アール・シーを選んだ理由は何ですか?

⼤学卒業後は、住宅リフォームを⼿掛ける会社に就職しました。IT とは全く異なる業界です。

多忙な⽣活が何年か続いて体調を崩してしまい退職したのですが、29 歳の時、⼼機⼀転新しいことにチャレンジしようと⼼に決めてエー・アール・シーに⼊社しました。IT 業界に絞って考えていたわけではなく、たまたま⽬に留まったリクルートサイトにイキイキとした⼥性の姿が映っているのが印象的で、応募してみようと思ったのがきっかけです。

IT エンジニアへのキャリアチェンジに不安はありませんでしたか?

私が最初に応募したのは営業事務だったんです。応募の時点ではまさか⾃分が IT エンジニアになるなんて想像もしていませんでした。 でも、⾯接で⾊々なお話しをしていると「技術者」に向いているのではないか、というお話しをして頂いたんです。 最初は驚きもありましたが、そのようなことを⾔ってくれるこの会社は⾯⽩そうだなと惹かれるものがあり、エンジニアとして⼊社することを決めました。

⼥性で IT 業界のインフラ系エンジニアというのは珍しい存在ではないですか?

私が所属しているグループでは⼥性が半数を占めていて、本社に勤務しながら請負業務 を⾏っています。 ⼀般的には IT 業界というと男性のイメージがあるかもしれませんが、⼊社してみたら⼥性がたくさんいて、違和感なく職場に馴染むことができました。

私と同じように IT 業界未経験で、⼊社してから⼀⽣懸命学んで技術を習得した、という⼈は数多くいるんですよ。

⼊社してからはどのような業務を経験してきましたか?

⼊社後はネットワーク構築などの業務を経験し、現在はサーバーエンジニアとして、主に Linux OS 環境のサーバー構築、運⽤の業務を担当しています。最近は設計から関わらせてもらえることもあります。

⼊社後は早いうちから⾊々と経験させてもらい、たくさんの事を学ぶことができました。最近だと、6名で対応したプロジェクトの中で、初めてリーダーとしての役割も経験させてもらいました。お客様から信頼して頂き、任せてもらえているという充実感があり嬉しかったです。

技術の進歩が速い IT 業界でついていくのは⼤変ではないですか?

1年⽬、2年⽬は資格取得なども含めて、とにかく勉強を頑張りました。 お客様に対して「まだ新⼈なので」とは絶対に⾔いたくなくて、早く⾃分の得意分野を⾒つけて⼀⼈前になりたいと思っていました。私は 29 歳で⼊社しましたが、同じ時期に⼊社した⼈たちは 20 代の前半でしたから、周りと同じペースで成⻑していてはダメだといつも思っています。

今はインフラグループに所属しているので、サーバー、ネットワーク、データベースといったことについて、バランスよく少しずつ知識や経験を掘り下げていきたいと考えています。技術や製品知識などについては、会社もフォローしてくれて勉強する機会がありますし、みんなで情報共有をするようにしています。

職場には⽬標となるような先輩や上司はいますか?

どんなに忙しくても、話しかけるといつも笑顔で接してくれる上司や先輩がいて、いつ もありがたいなと思っています。

私も責任を持って後輩を育てていけるポジションにつきたいと思っていて、役職で⾔うと主任としてやってみたいなと思っています。⼈の上に⽴つキャラではないですし、⼈を育てたり、説明したりするのは難しくてむしろ苦⼿です。でも苦⼿なところを克服してやってみたいと思っています。

⼥性の⽴場から⾒てエー・アール・シーは働きやすい職場ですか?

社内では⼥性男性問わず、上司も先輩もとても相談しやすい環境だと感じています。技術的な相談はもちろんですが、プライベートな悩みでも親⾝に話を聞いてもらえます。

家族が⼊院して、早めに帰らなければならなくなった時なども親⾝に話を聞いてもらえましたし、幼いお⼦さんのいる⽅の場合は、お迎えがある⽇は早めに仕事を切り上げたり、家族のことも⼤切にできる職場環境だと感じています。

ワークライフバランスはいかがですか?

休⽇はカレンダー通り休めていますし、有休も取りやすい雰囲気があります。ボランティア休暇を活⽤して災害⽀援のボランティアに参加したこともあるんです。

「興味はあるけど未経験だし不安だな」と感じている⽅に向けてメッセージをお願いし ます!

知識に対する貪欲さがあれば受け⼊れてくれる会社だと思います。未経験の⼈が多いので、業務の内容を⾃分から吸収していく意欲があればやっていきやすい会社だと思いますよ。

柴⽥ 志乃

他の社員のインタビューを見る

STAFF INTERVIEW