久保田 秋彦

2019年 入社
システムサービス部 第⼀グループ

IT 業界を選んだのはなぜですか?

私は⽂系で、⼤学では社会学科でした。地域課題を解決するために地元の⼈にヒアリン グをしたり、フィールドワークをしたり、といったことをやっていて、IT とは全く関係がありませんでした。

ただ、ゼミの先輩⽅の中には SE の道を選んだ⽅が多かったの と、私の兄も⽂系で SE をやっているので、⽂系でも続けられる仕事なんだなとは思っ ていました。パソコンを触るのが好きだったということもあって、IT 業界に絞って考えていました。

エー・アール・シーに⼊社して、どのような印象を持ちましたか?

就職先を考える時に重視していたのは、⾃分がその会社で何年も働きたいと思える環境 か、という事でした。良い⼈がいる会社に⾏きたいなと思っていました。収⼊とかでは なくて、そこで働いている⼈たちはどんな⼈たちなのか、といったことを⼤切に考えて いて、「この会社良いな」と思ったのがエー・アール・シーでした。

他社の就職⾯接で は、しどろもどろになることもあり不安だったのですが、エー・アール・シーでは終始 会話のキャッチボールを続けてくれましたし、社⻑の最終⾯接もすごくリラックスでき て、とても印象が良かったです。 実際に⼊社してからも、年齢や事業部に関係なくコミ ュニケーションが取りやすい会社だなと実感していて、⼈と話すことが好きな⼈にはと ても良い会社だと思います。

OJT 期間中は毎⽇どのようなことをやっていますか?

ネットワーク機器を本番利⽤するための設定作業などをやらせてもらいながら、⽇々勉 強をしているという感じです。

勤務時間の中で資格取得に向けて勉強をする時間をもら えるので、知識を増やすために計画的に学習をしています。教育担当の先輩がついてく れているので、新しく経験したことや学んだことなどを毎週報告をして、助⾔をいただいています。

エー・アール・シーでの仕事の⾯⽩みはどういったところですか?

⼤学時代は教室で当たり前のように WiFi に接続してインターネットを使っていました が、それがどのような仕組みで、どのような⼈たちのおかげで使えるようになっている のか、といった事は考えたこともありませんでした。

エー・アール・シーに⼊社してネ ットワーク機器の設定などを経験できたおかげで、普段何気なく使っているインターネ ットの裏側のようなものを知ることができて楽しいなと思いました。


「こんなエンジニアになりたい」といった将来像はありますか?

⼀緒に仕事をやらせてもらっている先輩⽅は、何か質問をすると必ずしっかりと答えを 返してくれます。

とにかくアシストがすごい⼈たちばかりです。⾃分にも後輩ができた ら、困っている時にはしっかりとサポートができるエンジニアになりたいと思っていま す。周りの先輩や上司は常に勉強していますから、私も常に勉強することで同じように なりたいなと思っています。

⾃分⾃⾝の成⻑を実感した場⾯などありましたか?

他の社員と話をする機会が多いので、コミュニケーションを取る能⼒は成⻑したように 感じています。⼊社した時は、⼈と話をすることに少し不安な部分もありました。 先輩 に質問をした時なども、⾔いたいことがうまく伝えられないような場⾯もありましたが、 少しずつ改善して、⼈に伝える⼒は出てきたかなと思います。 上司からも、⾃分が間違 ったことや苦⼿なことはまとめておくようにすると良いとアドバイスを頂いたので、⾃ 分の反省点の振り返りがいつでもできるように⼯夫をしています。

「IT に興味はあるけど、ついていけるか⼼配」という⽅に向けてメッセージをお願い します!

エー・アール・シーは、⼊社してから少しずつ勉強をしてスキルを向上させていくとい うスタンスなので、⼊社までに知識をつけなきゃいけないとか、そういう気負いは必要 ありません。⼈とのコミュニケーションを⼤事にして、話しをすることが好きな⼈には とても良い会社だと思いますよ。

久保田 秋彦

他の社員のインタビューを見る

STAFF INTERVIEW